組合概要

◆ごあいさつ

青森県民宿連合会 ほっとする民宿でホットなあおもり発見サイト

あるがまま~に!旅ガイド“結集!!青森力”

東北新幹線全線開業により全国からたくさんのお客様をお迎えすることになります。
そこで、受け入れ態勢の利便性を向上させることが必要だと考えて新しくホームページを開設しました。
ここに青森県の民宿をご紹介します。
津軽・下北・十和田・八戸地区の民宿ならではの特徴を活かし、魅力ある活きた情報など、地元の民宿からのホットな情報を集めて“あおもりの心温まる民宿”で、“青森の魅力”を安心して、存分に味わっていただけるよう責任を持ってご案内いたします。
今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

青森県民宿連合会
会長 宮野 政彦

info@aominren.jp

 

◆青森県民宿連合会(旧 青森県民宿組合連合会)概要

・昭和49年11月1日青森県内の民宿経営者を一同に集めて設立された。
名称 : 青森県民宿組合連合会
会長 : 宮野 政彦(佐井村) 副会長 石橋 英子(八戸) 八木橋 綱三(大鰐町)
目的 : 本会は健全なリクリエーションを青少年、大衆に与える場としての民宿組織、民宿経営の諸問題を調査し、その解決策を推進し、献策すると共に世論を啓発し、国民の観光、余暇活動の発展に資するを目的とする。


・平成25年度事業活動
 旅行の多様化により、素朴で家庭的なイメージの民宿の地位が年々低下しつつあります。
青森県を代表する景勝地国定公園十和田湖へのお客様が低迷し、官民挙げての誘客対策が急務です。
 一方、今年5月から「三陸復旧国定公園」として八戸市の種差海岸、階上岳が念願の国定公園に指定されました。
 当連合会は、三方海に囲まれた青森県内の特殊性を生かし、豊富な山海の幸を提供し、おもてなしの心で積極的に誘客に努めてまいります。


・平成24年度事業方針
昨年は東日本大震災というかつて経験した事のない厳しい年でした。
県内の観光も除々に明るい兆しが見えてきたようです。
国では、東北六県の復興東北観光博を開催しながら復興回復のキャンペーンを実施しています。当民宿連合会は関係機関と連携を図りながら、「がんばろう日 本」「がんばろう東北」を合言葉に、おもてなしの心で本県ならではの豊富な山海の幸を提供しながら、自助努力を惜しまず積極的に誘客とサービスに努めま す。
“結集!!青森力”

コメントは受け付けていません。