黒石市 中野もみじ山

momijiyama

県下有数の紅葉の名所である中野もみじ山は、1803年、弘前藩主津軽寧親公が京都から百余種の楓苗を取り寄せ移植して以来、モミジの名所として親しまれています。
林の中には中野神社、不動舘城跡があり、全山燃えるような紅葉は滝と渓流に映え、毎年鮮やかな世界を楽しむことが出来ます。

今年度は、通常のライトアップに加えムービングライトとLEDライトによる光のファンタジーも開催され、期間中は多くの観光客で賑わいました!